お知らせ・ブログ

これが真の加圧トレーニング。

加圧トレーニング
2019.02.15
加圧トレーニング・ダイエットサロンMARSHA (マーシャ)
ボディフィットネス元日本代表 長島雅子 詳しいプロフィールはこちら

大宮西口MARSHAの長島雅子です。

今週は毎日寒いですね。

明日は暖かくなるそうですよ~。

 

加圧トレーニングをお客様にやらせていただくためには私自身、加圧トレーニングをやっています。

毎回いろいろと研究をしながら、体の感覚や、きつくなった時の感覚など確かめています。

私が加圧トレーニングをやる目的は・・・

・筋肉を大きくする

・競技のためのトレーニングの疲労を早く取り除く

・怪我をしている部位への負担を軽くする

など、様々です。

ほぼ、毎日やっています。

目的に合わせて加圧をする「圧」は異なります。

毎日、キツキツな加圧トレーニングをしていることはありません。

疲労回復の目的の時は加圧をかけている時間は10分以内です。

加圧圧も低めにします。

トレーニング的な動きをするよりは末端だけを動かすという、皆さんがサロンでやっていただいている3点セットです。

体験加圧トレーニングは同じような方法です。

それでも、しっかり乳酸や血液を溜めることができうるので、夜はぐっすり眠れますし、翌日スッキリ目が覚めて体が軽いです。

 この状態が「パンプアップ」です。

ふくらはぎから太ももまでパツンパツンで。今にもはちきれそうです。

乳酸と血液、一酸化窒素が溜まって血管が拡張されているのが感じられます。

もっと近くから見ると・・・

血管浮きまくりです。

皮膚が引き延ばされているようなチリチリとした感覚もあります。

でも一瞬!です。15分耐えれば、その後はスッキリします。

 

ほとんど一人でやっています。

インストラクターは自ら実践し、どんな感覚なのかを確かめる事は重要です。

発明者の佐藤先生は「自らやらなければ、人にはできませんから、日々練習してください。機械に頼ってはいけません。あくまで目安です。肌の色や目つき表情を良く観察しなければいけません」と言われています。

加圧トレーニングは慣れても油断はできません。

なぜなら【血流を制限】しているからです。

血圧はリアルタイムで変動します。

 

先日は、一緒に学んでいるトレーナーと勉強会をしました。

しっかり乳酸が溜まって、筋肉がパンプアップするとどうなるかというと・・・

膝の上に出ている盛り上がりです。

通常の筋力トレーニングでここまでやるとなっら、ほとんどできないと思います。

できる人がいるとしたら、トップビルダーでしょうか・・・

しかも、何種目も脚のトレーニングをする事になるでしょう。

 

加圧トレーニングはモノの15分でここまで追い込むことができます。

重さは、この場合はなしです。

自分の体重のみです。

 

私も今回はやってもらいました。

非常にきついです。

でもこの時だけです。

終わったあと「あ~・・・なんでもっと頑張れなかったんだろう・・・」と思います。

そして、この日も心地よい眠りにつきました。

ベットに入ったら秒殺です。

この感覚がたまらないですね。

 

関連記事

最新記事

TOP